アトピーが完治した人の体験談まとめ

アトピー治療でステロイドを使うリスク

更新日:

多くの皮膚科医ではアトピー患者にステロイド薬を処方します。なぜステロイドを処方するのか?それは、公益社団法人の日本皮膚科学会がアトピー患者にはステロイドを出すことを決めているから。

(参考:アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2016 年版 - 日本皮膚科学会

お医者様に薬を出されれば患者は何のためらいもなく薬を使い続けることになります。ほとんどのアトピー患者はステロイドがよく効きます。夜に塗れば次の日の朝には症状が落ち着いている。ステロイドは効果がすぐに期待できる劇薬だから、なかなか止めることができず長期間塗ることになります。自分が気づいた時にはもう後の祭りで、ステロイドの依存性から簡単にやめることができません。

当ページでは、医師が患者に絶対に伝えないステロイドの副作用と、アトピー患者がステロイドを使用するリスクを紹介しています。

 

医者からは語られないステロイドの副作用

医師の多くが患者に対してこのように言います。

「ステロイドは使い方を間違えなければ安全な薬です」「アトピー性皮膚炎はステロイドを使用しないと治らない」「ステロイドは怖くない」。

本当にそうでしょうか?標準治療(参照:アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2016 年版 - 日本皮膚科学会)であるステロイドで治るのであれば、この世にアトピー患者はいないことになります。しかしアトピーは減るどころか増え続けている。ステロイドの効果は確かに素晴らしいと思います。びっくりするほど炎症部位が良くなります。劇薬と言ってよいでしょう。

しかし、ステロイドには副作用があります。薬なのだから副作用は当然ありますが、その副作用をお医者様は患者に伝えません。「使用方法は紙に書いてあるから間違えなければ大丈夫」の一点張り。

僕をはじめ、ステロイドを使用したアトピー患者が感じた副作用を紹介しましょう。

 

効果減弱(治療抵抗性)

ステロイド治療でアトピーが治らなかった経験をお持ちの方は、思い当たる節はありませんか?

ステロイドを使い始めた頃はびっくりするほど効果が期待でき、アトピーが治ったかのように感じます。しかし使用期間が長くなると効かなくなり、使う量が増えていきます。効果が期待できないことをお医者様に伝えると、今度はより強い薬理作用を持つステロイドを使うように勧められます。指示通り使えば安全だからと言われ使用を続けてもアトピーは良くなりません。ステロイドの効果は最初だけで、徐々に効果が期待できないからです。最終的には炎症がちっともよくならず、ステロイドの副作用だけが残ります。

アトピー患者の多くがステロイドの効果減弱を薄々気づいてはいましたが、科学的に証明されていませんでした。しかし、2010年にフィンランド人のヘグ教授により、アトピー性皮膚炎におけるステロイド抵抗性のメカニズムを解明したという論文が発表されました。

13人の重症アトピー患者に2週間ステロイド外用治療を行ったところ、ステロイドが効かない重症患者はステロイドが炎症を抑えるようにDNAに情報を与える作用場所に対し、情報が流れないようにブロックする物質が多い事を見つけました。また、ステロイドを使い続ける事によりこの物質が体内で増える事を解明しました。

(参考:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/m/pubmed/19903176/

 

フィラグリンの減少

近年、「アトピーの原因はアレルギーではなく、フィラグリンの減少が原因である」ことが分かりました。これは2006年にイギリスで行われた調査で、アトピー患者の3分の1から半数に遺伝子の異常が見られ、フィラグリンの産生が抑えられていることがわかりました。また2008年には日本人のアトピー患者20%に異常が認められています。

フィラグリンとは、表皮の細胞に含まれている成分で、皮膚のバリア機能の形成に重要な役割を果たしています。フィラグリンの生成が異常をきたすと保湿力やバリア機能が正しく働かなくなるため、アトピーが悪化しやすくなります。

炎症した患部にステロイドを塗り続けていると、保湿力やバリア機能に密接な関係があるフィラグリンが減少してしまいます。ステロイドを塗れば短期的には炎症が緩和したように感じますが、長期的にみるとアトピーが悪化、治りにくくなることが確認されています。

(参考:アトピー性皮膚炎の発症因子!フィラグリン遺伝子

(参考:皮膚バリア機能を高めることでアトピー性皮膚炎の症状を改善させる内服化合物を発見|京都大学

 

ステロイド中止後のリバウンド症状

ステロイドを長期間使っていた人が、ステロイドの使用を中止する(脱ステロイド)と激しいリバウンド症状が起こります。リバウンドとは、薬で抑えていた症状が、薬を中止することで劇症化することです。リバウンドはステロイド副作用のトップと言えるほどアトピーの症状が劇的に悪化します。以下が主な例です。

  • 眠れないほどの強いかゆみ
  • 体中真っ赤
  • 滲出液が止まらない
  • 皮膚が張っているので少し体を動かすと避けそうになる(強い痛み)
  • 皮膚が剥がれ落ちる

リバウンドの期間はステロイドの使用期間やステロイドの強さに比例します。一説にはステロイドの使用期間の10%~30%だと言われていますが、詳しく調べた研究がないので一概にいつまでに治るかは分かりません。一般的には多くのアトピー患者が脱ステロイドを始めてからアトピーが1年で完治しています。アトピーの治癒過程ではステロイドのリバウンド症状を、僕が実際に体験した出来事を交えて紹介しています。

(関連記事:ステロイド使用歴とリバウンドの起こりやすさの関係|アトピー完治に医者いらず

 

未来の体に向き合うのはあなた自身

冒頭で説明したように医者の多くが、患者がアトピーだと分かったらステロイドを処方します。今後、「アトピー患者にはステロイド」という図はすぐに変わることはないでしょう。医者は神ではなく、人の子。どんな世界でも大人のしがらみが関わっていると思います。すごく悲しい。

「お医者様が患者の症状を見て処方した薬だから安心!」、「お医者様の指導のもと使えば安全!」と医者ファーストな考えでは非常に危険ということです。私は医者の言葉を信じてステロイドを使用するという人ならば、医師と日頃からコミュニケーションを取っておくべきだし、きちんとステロイドの危険性を把握したうえで使うべきでしょう。ステロイドのリスクはもう知ってるから一人で自由に使っていいという考えでは駄目ということ。どうしてもステロイドを使いたいというアトピー患者も多くいます。ステロイドを含む西洋医学の薬は一長一短で、劇薬だからこそ副作用も必ずあります。アトピーの症状を一時的にでも緩和するステロイドが悪だとは思いません。しかし、“アトピーを完治させる”という点ではステロイドの使用は甚だ疑問です。

つまり、自分の体は自分で決める。所詮お医者様は他人であるから、10年後、20年後も患者がどうなっているかなど知ったこっちゃない。乱暴な言い方ですけど、それが真実。「お医者様が大丈夫だと言ったよ!」といってもお医者様が責任を取ってくれるわけでもない。治療法は医者に任せるのではなく、自分で能動的に勉強し、調べて自分で決める。当サイトは正しい知識や情報を発信していきたいと考えていますが、捉え方は訪問者次第だと思っています。当サイト(アトピー完治に医者いらず)に書いてあることは正しいと思う人もいれば、間違っているおかしいと思う人もいる。その中で自分で調べる習慣を身に着けていくことが大事なのではないでしょうか。

 

まとめ

アトピー性皮膚炎の標準治療とされているステロイド外用薬。アトピー性皮膚炎診療ガイドラインにも記載されている通り、ステロイド外用剤はその場の症状を抑える「対症療法」に過ぎず、アトピーを根本から治してくれる魔法の薬ではありません。

アトピーを完治させるには、いずれステロイドをやめるべきです。しかし、ステロイドは一度やめるとリバウンド症状が激しいので簡単に止めることができません。脱ステロイドを始めて3カ月間は地獄のような日々。特にはじめの2週間は身動きが取れないほど肌がピンっと張って、少し動かすだけで肌が裂けそうになる感覚です。滲出液は止まらないので、服にくっつき匂いも強烈。

アトピー性皮膚炎の炎症にステロイドを使うかどうかはあなた次第です。アトピーを短期的に見るか、長期的に見るか。アトピーを緩和させるのが治療の目標ならステロイドは魔法の薬です。しかし、アトピーを完治させたいのであれば脱ステロイドをおすすめします。そして自己免疫力を上げて、自らの力で治すこと。

-アトピー薬

Copyright© アトピー完治に医者いらず , 2018 All Rights Reserved.