アトピーが完治した人の体験談まとめ

プロトピック(免疫抑制剤)とは?

更新日:

アトピー性皮膚炎は治りにくく、良くなったり悪くなったりを繰り返します。ステロイドで炎症を抑えてもまたすぐに症状が悪化することから、以前よりも強いステロイドを処方されます。

それでも治らない場合や、アトピー患者がステロイドへの不信感を募らせている状態の時に医師が処方するのが、プロトピック(免疫抑制剤)です。

 

プロトピックはステロイドの代用薬

プロトピックは体の過剰な免疫反応を抑える薬です。ステロイドと同様に抗炎症作用が期待できるほか、塗り続けているとかゆみを抑えることもできます。

プロトピックを最初から処方する医師は少なく、あくまでもステロイドの代用薬として扱われています。代用薬ではありますが、ステロイドとは全く違う薬です。ステロイドは副腎皮質ホルモンを抑制させ、かゆみを緩和させますが、プロトピックは細胞に働きかけるため、かゆみへのアプローチの仕方が違います。

しかし、薬の強さが大中小あったり、患部への塗り方は同じなので類似している点が多い。

 

プロトピックの副作用

塗った後のヒリヒリ感、ほてり感

プロトピックを炎症部位に塗ると、ヒリヒリしたり、熱く患部が燃えているような感覚が起きます。これは薬が合っていないわけではなく、炎症した皮膚をプロトピック軟膏の主成分であるタクロリムス水和物が通過しているからです。

タクロリムス水和物は、バリア機能が低下している皮膚患部から吸収され、正常なバリア機能の皮膚は吸収されません。つまり、アトピーの炎症がある患部だけはヒリヒリ感やほてり感がありますが、アトピーの炎症がない肌に塗ってもヒリヒリやほてりは感じません。したがって、プロトピックを塗り続けていると、徐々にヒリヒリ感やほてり感が緩和されていくのは、皮膚のバリア機能が回復しているからです。

「プロトピックは副作用がない」の嘘&本当

ステロイドの副作用である、皮膚萎縮(皮膚が薄く弱く)や毛細血管を拡張させることはありません。これが「プロトピックは副作用がない」と語られる理由です。皮膚萎縮や毛細血管の拡張は、アトピーを悪化させ治りにくくするので、ステロイドの長期使用は危険です。それを知っている医師はステロイドのような副作用はなく、プロトピックは安全であると言います。逆を返せば、ステロイドはそれほどまでに劇薬であることが分かります。効果は絶大ですが、副作用もそれ相応の被害を被ることになる。

しかし、プロトピックはステロイドよりも危険な副作用を持っています。これは医師が語りませんが、海外の文献にしっかり記載されています。

 

医師が語りたがらないプロトピックの問題点

プロトピック軟膏の発売前に動物実験で、プロトピック軟膏外用群は対象群よりリンパ腫を多く発症することが示されました。この問題点が解決される前に厚労省はプロトピック軟膏を医療薬として使用を許可しました。つまり、免疫抑制剤(プロトピック)の発がん性について人体実験をすることと同じということです。

16歳以上のアトピー性皮膚炎患者に使用されるプロトピック軟膏の添付文書(2001年5月改定)の「9.その他の注意」の中に、非常に重大な副作用の生じる可能性について記述があります。

その内容は、1)紫外線照射と平行して本剤を外用すると皮膚腫瘍の発生が早まること、2)外用による高い血中濃度持続でリンパ腫の増加が認められたこと、3)本剤をアトピー性皮膚炎患者に使用して皮膚がんの発生を認められていること、4)タクロリムスの経口あるいは注射剤で、腎障害、高血糖、高カリウム血症、胸痛、振戦、感染などが認められていること、5)皮膚投与で、精子数の減少、精子運動能の低下、繁殖能の低下のあることです。

このような結論を導いた論文がいずれの項目においても引用されていません。副作用の少ない薬物にも重篤な副作用の発生があるからといって、ただちにその薬物が使用されるべきでないという結論にはなりません。副作用があっても、有用な薬物はいくらでもあります。有用性を保証するための数値データは人を納得させるためには必要です。

 

(参考:Association between exposure to topical tacrolimus or pimecrolimus and cancers.|NCBI-NIH

プロトピック依存症の危険性

プロトピックは毎日2回塗ることを医師から指導されることが多いですが、一度でもプロトピックを使用すればその劇的な効果から、プロトピックをやめることができません。特に顔にアトピー症状が出ている人は、外に出る前に必ず塗るという人も多いようです。しかし、あくまでも薬は対症療法で根本治療ではありません。

プロトピックの使用を中止すると、アトピー性皮膚炎の炎症部位以外でも炎症が見受けられることからプロトピック依存症が起きています。プロトピック依存症とは、「プロトピックがないと普通に機能できない肌」のことです。毎日プロトピックを使用している人は、プロトピック軟膏という薬に依存している状態なのです。

毎日プロトピックを塗る習慣がある人の多くがプロトピックに依存している状態で、プロトピックを1日でも止めれば激しいリバウンド症状が起こります。リバウンド症状は、普通の精神状態ではいられなくなるほどに強いかゆみ、皮膚が突っ張るほどの強い乾燥、皮膚が赤みを伴う腫れなどを起こします。このリバウンド症状は、ステロイド依存症や保湿依存症にもみられる依存症と同じですので、プロトピックも依存性が強く簡単に止められない薬であることが分かります。また、依存の程度やリバウンド症状の強弱は個人によりまったく異なりますが、プロトピックの使用歴と比例してリバウンド症状が起こります。

 

(関連記事:ステロイド依存症とは?

(関連記事:保湿依存症とは?

まとめ

プロトピックは元々ステロイドの代用薬のため、プロトピックだけを塗っているアトピー患者は少なく、未だにはっきりとした研究がなされていません。しかし、マウスの研究でリンパ腫の増加がみられていることから、「プロトピックは副作用がないから安全」というは軽率でしょう。

「ステロイドは副作用があるから、プロトピックを使いましょう」と、患者に勧めるのは間違っていると思います。あくまでもプロトピックは薬であるから、医師の指導の下、患者がきちんと塗っても副作用は起こります。

アトピーを完治させたいのであれば、ステロイドや保湿と同様にプロトピックもやめる必要があります。アトピー性皮膚炎は薬(対症療法)で治すものではなく、自己治癒力で治すことができるし、自己治癒力でなければ“完治”はしないからです。

-アトピー薬

Copyright© アトピー完治に医者いらず , 2018 All Rights Reserved.