アトピーが完治した人の体験談まとめ

脱ステロイドとは?

更新日:

アトピー患者には必ずステロイドが処方されます。これはアトピー性皮膚炎診療ガイドラインに記載されているため医師はステロイドを処方するのが当たり前になっています。しかしステロイドは対症療法なのでアトピーが一時的に緩和するだけで、完治はしません。

ステロイドを使っていればどんどん以前のステロイドよりも強いステロイドを処方され、薬漬けにされてステロイド依存症になってしまいます。一度ステロイド依存症になれば、簡単にステロイドをやめることができず、アトピーが完治することも絶対にありません。

そこでステロイドを止めるために、脱ステロイド療法をするのです。

 

脱ステロイド療法の目的

脱ステロイド療法の目的は、皮膚に不活化したステロイドを除去することです。薬物として外用された化学物質のステロイドは、除去しないまま放置しておくとステロイドの副作用が必ず起こります。

ステロイドの副作用の中でも一番ひどいのがステロイド依存症になることで、ステロイドがないと皮膚が通常に機能しない状態になり更に重症化してしまいます。

しかし、アトピーを完治させるのであればステロイドの使用をやめなければいけません。

あくまでステロイドは症状を緩和させるだけの対症療法で、根本治療ではありません

ステロイドというのは必ず医師から処方される薬なので、病気についての知識がないアトピー患者はステロイドの使用が当たり前のように使っています。

そして薬漬けにされるのです。アトピーを完治させるためには、薬の使用を続けるのではなく、自らの自己治癒力で徐々に治していくしか道はありません

だから、完治までの道のりの最初である「脱ステロイド」をしなければならないのです。

 

脱ステロイド自体がアトピーを完治させるわけではない

アトピー性皮膚炎を完治させるためには「脱ステロイド」を行わないといけません。

いいかえると、脱ステロイドなしにはアトピーは完治しないと言って良いでしょう。

しかし決して間違えていけないのが、脱ステロイド療法自体がアトピー性皮膚炎を完治させるわけではないということです。

脱ステロイド療法は、ステロイドの使用でステロイドなしでは機能しなくなった肌から、ステロイドを除去する療法のことです。

ステロイドを使用した皮膚はステロイドの副作用がたっぷり含まれており、ステロイドを除去しなければアトピーは完治しない。

ステロイドで炎症を抑える対症療法ではアトピーが完治したとは言えないのです。

薬はあくまでも対症療法であり、いつまでもステロイドを使っていれば更に重症化する恐れがあるのでできれば早く脱ステロイドを行う必要があります。

ステロイドから抗炎症作用だけを引き出すこと、ステロイドの副作用のみを排除することは不可能。したがって、脱ステロイド療法でステロイドを皮膚から除去する必要があるのです。

 

(関連記事:ステロイド依存症とは?

脱ステロイドの成功率

名古屋市立大学医学部が、受信時に100人の脱ステロイド療法を行った患者について調査を行いました。カルテに記載された内容から判断すると、100%の人が脱ステロイドで患部の赤みがほとんど消えました。

しかし、100人のうち10人はステロイドを止めた後、数カ月は湿疹が安定しませんでした。

その後、2か月すると残りの10人は症状が良くなったことから、湿疹が安定するまで9割は1カ月。

1割は2か月以上経たないと安定しないことが分かりました。

脱ステロイドを行った患者にアンケートを実施したところ、100人中62人から回答があり、その3分の2の人々から「満足」あるいは「まあ満足」との回答。その後、6カ月以上経ち再度アンケートを実施すると、否定的な評価をする人はいませんでした。つまり、焦らずにゆっくり待てば脱ステロイド療法に満足できることが分かります。

名古屋市立大学医学部では100%の人が脱ステロイドを成功させていますが、失敗者もいるのが現実です。

阪南中央病院で、2008年4月から2011年10月までの間にアトピー入院患者360人が脱ステロイド療法を行いました。

阪南中央病院ではより症状が重い患者が多く、全身の90&以上が赤くなっている紅皮症の人は半数以上もいました。

結果は、360人中351人が治療に成功。治療中断者を含む残りの9人は治療に失敗しました。成功率は97.5%であることから、脱ステロイド療法は非常に高い成功率です。

 

成功率を高める方法

脱ステロイドはかなり厳しい治療法です。特に脱ステロイドを始めてから2週間は身動きが取れないほどにかゆみも増大、滲出液もあふれ出てきます。

だからこそ、脱ステロイドを行う前に自らが進んで勉強するべきです。また、脱ステロイドの知識だけではなく、医学や薬学など多方面の知識と柔軟な思考が脱ステロイド療法の成功率を高めるでしょう。

アトピー性皮膚炎患者がステロイドを肌から除去するには、「何か一つの物を食べたり飲んだりすれば治る」というものでもありません。

アトピービジネスではそのような宣伝がされていますが、全くの見当違いです。アトピーについて能動的に知識を蓄えていくとアトピービジネスと呼ばれるアトピー患者を食い物にするビジネスからも回避できますし、思考を鍛えることにも繋がります。

脱ステロイド療法について書かれた書籍は、まだ少しですがありますので、ぜひ購入して勉強した方がよいでしょう。

 

まとめ

脱ステロイドは、ステロイドを一度でも使ったことがあるアトピー患者と、密接な関係にあります。

脱ステロイド療法はアトピー自体を完治させる治療法ではありませんが、アトピーを完治させるために必ず必要なステップ。成功率を1%でも高めるためにアトピーに関する知識を勉強することは非常に大切ですので、アトピー関連はもちろんのこと、医学や薬学も勉強しておくと治療に役立ちます。

-アトピー薬

Copyright© アトピー完治に医者いらず , 2018 All Rights Reserved.